使う前と使ってみてからの気持ち

消費者金融にはこれまでに良いイメージが全くありませんでした。貸す時は受付の女性が笑顔で対応、もし少しでも返済が遅れたりしたら怖い男性が家まで来て嫌がらせをするというものだと勝手に思っていました。

実際に消費者金融も幅が広く、本当に街角でひっそりと営業しているものからテレビCMや広告を色んな場所に出している大手の会社からと色々あります。今は強行な取立てが法律で出来なくなってきていますし、桁はずれな金利はもちろん禁止です。あとは借りるときも誰にも会わずに申込み手続きが出来るシステムなどもあるようです。

インターネットやスマートフォンの普及により、簡単に仮審査申込みも出来てしまいます。時代の流れと共に消費者金融もかわってきているとは思いますが、一昔前のイメージはなかなか払拭出来てない方は多いと思います。若年層よりも団塊の世代などにはそう言った意識があるかとも思います。

もしも私自身にお金が必要になって自分で何とか出来ない場合はまず優先順位として銀行のローンやカードローンを利用してしまうと思います。やはり自分が給与振込などを利用していますし、審査に関しても有利になってくるし銀行という安心感があるからだと思います。

でももしも銀行での審査が通らなくてどうにもならないときは消費者金融という流れもあると思います。でもお金を借りても返すことが前提ですし、金利も発生していますので早く返すことを考えます。ただ職がなかったり貧困層が増える一方で消費者金融の利用者も増えてくるのでは?とも思っています。ただ消費者金融も最近は自己破産防止のためもあり、審査を厳しくしていたりするようなので簡単に借りられるわけではなさそうです。

私の友人が先日子供の大学進学の入学金が払えないと嘆いていました。理由はご主人の転職のせいだと。。。このお金が沢山必要になる時期に転職をしたことに最終的には許した自分がいけないと言っていましたが、後悔しているようでした。結局はローンを組んで支払いをすると言っていました。ちなみにこういったところでみたいですね→入学金払えない

私からしたらきちんと貯金をしておけばこういった時に困らなかったんじゃないかなと思うのですが、余計なおせっかいになるのでそうなんだとだけ返事をしました。

子供にお金がないから進学は諦めてとは言えない親の気持ちは分かります。なので私は毎月子供の為に貯金を頑張っています!!

 

 

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *